「金毘羅でこ」のお話

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 14:52

皆さま こんにちは

今年は雨が多く,

すっきりとした秋晴れになりません。

今日も朝から雨が降っています。

 

さて、以前ご紹介させて頂きましたインスタグラムですが、

毎日少しずつ展示品をご紹介しています。

その中にちょっとおもしろい逸話がありましたからご紹介します。

 

 

     

 

  

香川県の郷土玩具、金毘羅でこといいます。ビックリ泥子とも言います。

金毘羅目かえり大夫とか獄門人形などと怖い名前でも呼ばれます。

人形の後頭部に桜木の皮がついていて

それを引くと人形の目がクルクルと変わります。

ギョロ目になったり赤目になったり、見て面白いものの

このおもちゃの由来を聞くとちょっと笑えなくなります。

 

♪むか〜し昔、二人組の悪人が金刀比羅神社の神官と名乗り

 神官のふりをしながら次々と悪事を働いていました。

 しかしついに悪行が露見し、二人は獄門にかけられます。

 獄門にかけられ苦しむ悪人ふたりの表情を巧みに細工したのが始まりです。

 悪さをするとこうなるよ!と戒めの意味も込めて

 子供たちに玩具として与えられました…とさ!おしまい♪

 

郷土玩具にまつわる昔話です。

時々こんなお話もご紹介していけたら楽しいかな、と思います。

 

    日本土鈴館

 

 

 

 

 

手捻りの小さな土人形

  • 2016.09.16 Friday
  • 12:19

皆さま こんにちは

おもちゃ箱に手捻りの小さな土人形3点追加しました。

 

何れも岡山県の郷土玩具です。

桃太郎デコ(うわはん人形)は桃太郎と犬、猿、雉が1セットです。

うわはん人形は県内各地に伝わる郷土芸能を題材に作られ

「うわはん」とは囃し言葉だそうです。

 

吉備津のこま犬(塩見八重子 作)は貴重品です。

吉備津神社の授与品で、立ち犬、座り犬、鳥の三体で1セットです。

こま犬と鳥はそれぞれの災難除けのお役目があり、

おもちゃばこに書きましたので是非ご覧ください。

 

備中神楽人形は成羽焼窯元田辺収全さんの作品です。

荒神祭りの鎮魂行事に奉納される備中神楽のお面をもとに作られています。

 

いずれもひとつづつ手で捻って作られます。

同じ表情のものがない、素朴で味わい深いお人形です。

是非おもちゃ箱をご覧になって下さい。

 

         日本土鈴館

 

おもちゃ箱に張子を追加しました

  • 2016.09.12 Monday
  • 11:20

皆さま、こんにちは

おもちゃ箱に張り子5点を追加しましたのでお知らせいたします。

 

江戸張子からは、いせ辰さんの犬張り子と杵つきうさぎ、

いせそうさんの招き猫の3点です。

江戸張子は東京の代表的な郷土玩具としてあまりにも有名です。

いせ辰さん、いせそうさん、老舗の作品をご紹介しました。

 

長門張子からは馬乗り軍人と女学生の2点。

田中勉作の明治の風俗人形がテーマの張り子です。

宇土張子の最後の伝承者阪本カツさんから直接指導を受けた田中さんが

昭和59年から萩市を拠点に創作している本格的な張り子です。

 

何れも館長が選んだ作品です。

一度おもちゃ箱にお遊びにいらして下さいませ。

           

               日本土鈴館

 

 

神戸土鈴友の会創立30周年記念特集号

  • 2016.09.10 Saturday
  • 12:46

みなさま、こんにちは

今日は秋らしいさわやかな日和となっています。

土鈴館の裏山の山栗が幾つもイガを落とし

小さな栗の実がたくさんはじけています。

 

そんな晴天に恵まれました今日、

館長が神戸土鈴友の会に出席のため大阪に出かけました。

 

9月11日、大阪で神戸土鈴友の会創立30周年記念会が開催されます。

記念特集号として

日本土鈴館所有の土鈴「丸山卯三郎土鈴コレクション」が発行されました。

 

丸山氏(明治24年生)は大阪が生んだ「狂気の天才土鈴収集家」であり、

あとに続く土鈴収集家の為に土鈴収集はもちろん、

「大阪ドレー会」の創設、コラム「土鈴ばやり」の連載、「土の鈴」の発刊等、

大変大きな功績を残された偉大な土鈴収集家であります。

 

日本土鈴館ではご遺族から譲り受けた丸山氏のコレクションを

常時展示して、多くの皆様にご覧頂いております。

このコレクションが文化的にも非常に貴重なものであることから

神戸土鈴友の会の会長はじめ幹事の皆様のご尽力により

100ページを超える全作品カラーの立派な特集号になりました。

 

神戸土鈴友の会創立30周年記念大会のご盛会をお祈り申し上げます。

 

大阪では会の皆様にお世話になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

               日本土鈴館

 

 

 

 

おもちゃ箱に張り子を載せました

  • 2016.09.03 Saturday
  • 16:00

皆様、こんにちは。

9月1日の館長の誕生日には

インスタグラム、フェイスブック、お電話やお手紙で

たくさんのお祝いをお寄せ頂きましてありがとうございました。

お陰様で館長は気持ちも若返って益々元気に過ごしています。

 

さて今日は、おもちゃ箱に新しく土人形1点と張り子4点を追加しましたのでご報告致します。

附馬牛人形は以前にも紹介致しましたが張り子と土人形の中間のような人形です。

前回のものが完売しましたので今回は「馬と娘」を載せました。

花巻人形との関連もうかがえる附馬牛人形の代表作です。

 

三春張り子からは代表的な作品「踊り子」と「羯鼓」

宮内フサさんの98歳の作品から「ほうこさん(童女)」

鳥取張り子は田中勤二さんの「牛乗り天神」です。

 

どれも大変貴重な品々ですので是非おもちゃ箱でご覧下さい。

        

                 日本土鈴館

 

 

芝原人形

  • 2016.08.29 Monday
  • 13:28

みなさま、こんにちは。

おもちゃ箱に芝原人形をアップしました。

芝原人形は、浅草の今戸人形をもとに

明治の初期から千葉県の芝原の地で

代々田中家のもとで作られてきました。

 

千葉惣次氏は学んだ陶芸の技術を生かし

一時途絶えていた芝原人形を復元し

田中家のご遺族の了承を得て4代目を継承されています。

 

芝原人形は目のまわりに牡丹色のくま取りが入ります。

ほんのりピンクの目元が可愛らしい土人形です。

また、土の玉(鈴玉)が入れてありますから振ると音がします。

音色は低い音が多いですが、個体によってそれぞれです。

 

おもちゃ箱には5点の芝原人形を載せました。

天神、花魁、狆、明治娘、虎加藤です。

是非ご覧くださいませ。

 

     日本土鈴館

今日もお知らせです

  • 2016.08.22 Monday
  • 13:05

関東、東北、北海道は台風の直撃で、

特に北海道の大雨の様子をニュースで見聞きすると

どうか最小限の被害で収まってほしいと祈らずにはいられません。

 

郡上市は幸いにして台風の影響はありませんが

蒸し暑く、食中毒警報発令のお知らせが流れています。

 

さて、今日のお知らせです。

インスタグラム(Instagram)という写真中心のSNSをご存知でしょうか。

実は、インスタグラムで日本土鈴館の展示品(コレクション)を

ご紹介させて頂いております。

投稿は毎日1〜2点のペースで、現在400投稿を超えています。

こちらはあくまでも展示品のご紹介ですが、

ご来館されなくても日本土鈴館の展示をお楽しみいただけます。

 

Instagramのアプリを取得されていなくても

ネット検索で「Instagram@mtfree」と打ち込んで頂ければ

いいね!やコメントの書き込みなどはできませんが

ページを自由にご覧になって頂けます。

アプリを使っていらっしゃる方は「#日本土鈴館」で検索下さい。

 

ちょっとおもしろそうだな〜と思われましたら

ぜひインスタグラムの日本土鈴館にお遊びにいらしてくださいませ。

 

そして商品のご案内はホームページ内の「おもちゃ箱」でさせて頂きます。

ブログ「鈴を振りふり」ではお知らせや土鈴館のできごとを綴ります。

 

これからもよろしくお願い致します。      日本土鈴館

 

 

 

お知らせです

  • 2016.08.19 Friday
  • 13:10

暑い日が続いていますが、夜になると虫の音がチチチ…と聞こえてきます。

雲の形も少しづつ変化して、栗のイガも落ちてきました。

秋が少しづつ近づいてきます。

 

さて、前回の投稿で驚かれた方もいらっしゃると思います。

2代目ブログ担当の鈴音ちゃんが退職され寂しくなりました。

しかし、日本土鈴館としましては彼女の決断を尊重し、

新しい職場で活躍されることを祈っております。

がんばれ!鈴音ちゃん!

 

そして、彼女のようにはなかなかいきませんが

不定期でブログを更新させていただくつもりです。

よろしくお願い申し上げます。

 

尚、日本土鈴館は今まで通り開館させて頂いております。

ただ、これまで年中無休で開館していましたが

時々はお休みを頂きたいと考えています。

でも、ほとんど毎日館長は大好きな土鈴館にいると思います。

 

今まで同様多くの土鈴・郷土玩具愛好家の方々に

お越しいただければ館長の元気の源になると思います。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

    日本土鈴館

 

 

 

 

 

★ありがとうございました★

  • 2016.08.12 Friday
  • 13:06

みなさん、こんにちは(*'ω'*) 鈴音(りのん)です。

突然ですが今日はみなさんにご報告があります。

 

このたび、わたくし鈴音(りのん)は13日を持ちまして

日本土鈴館を去る事となりました。

ほんとうなら館長がご健在で閉館になるまで最後の最後まで

ついていくはずだっだのですが、実は館長の年齢の事もありまして

日本土鈴館の経営方針が年中無休から不定休になり、

今後は館長自身趣味人として土鈴館の運営をすることとなった為

やむを得ず退社することになりました。

 

 

 

日本土鈴館に努めてから今年で7年目になるわけですが

鈴音自身もこんなに突然この日を迎えることになろうとは

思ってもみなく一番ビックリしております。

 

 

入った当初はパソコンもままならないばかりではなく土鈴の事も

一切何もわかりませんでしたが勉強しながらやっていくうちに

少しづつ少しづつ覚えてゆき今に至ります。

 

お客様とも土鈴や郷土玩具の話が出来るようになり楽しくお仕事を

させて頂いておりました。

もちろん、つらい事もありましたがこの日本土鈴館では

楽しい想い出の方が、うんと多かったです。

こんな言い方は館長に失礼かもしれませんが、私の亡くなった祖父と

話しているようでとても暖かく穏やかな気持ちで仕事ができました。

また、チャレンジと言う面でも館長から

『鈴音(りのん)ちゃんの好きなようにやってみなれ、あとの心配はいらんで!』

と言われ新しいアイディアを出したり思うようにディスプレイもできました。

それもこれも館長が常に責任をとってくれるという安心感から取り組む事が

できました。でもそれと同時に心遣いを無駄にはできないと思い

失敗しないように私も頑張りました。

 

そんなやりとりが単なるアルバイトってだけでなく、

『私にしかできない仕事をしよう』って意欲にもかわり

今日まで一生懸命やってきました。

いや、やって来れたという言い方の方がいいかもしれません。

トップが館長だったからこそ、伸び伸びと自分らしさを出した、

仕事ができたように思います。

はじめて、素晴らしい上司(トップ)に出逢えました。

館長の下で働かせて頂けたことは鈴音にとってすごく幸せでした。

素敵な7年間だったと思います・

 

そして鈴音の書いたコラムの読者さんたちにも感謝です。

つたない文章ですが『楽しみにしています』とメールを頂くとホントに

嬉しかったです。7年間ご愛読ありがとうございました。

 

おもちゃばこはまだ生きていますのでこれからも欲しいものが見つかったら

お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

フェイスブックはコラム同様、一旦切りになるかと思います。

 

あと、友の会のみなさんにもいろいろお世話になりました。

お別れが寂しいです・・・。

どうぞみなさんお元気で来年の友の会にもご参加下さいね。

 

 

そんなこんなで、日本土鈴館で働くのも明日1日となった今日、

色々な思い出が駆け巡ります・・・。

今まで働いてきた中で職場を去るのが辛いと思ったのは初めてです。

後悔というものはまったくありませんが良い思い出がありすぎて

7年分の思い出を背負うのが今はとても重く後ろ髪を引かれる思いですが

でも、それでも、去らねばなりません。(ノД`)・゜・。

 

みなさん長い間、ほんとにありがとうございました。

ほんとにほんとにありがとうございました。

心よりお礼、感謝、申し上げ、鈴音(りのん)の最後の記事にしたいと思います。

 

 

どうぞ、みなさんお元気で!

そして、館長の事、土鈴館の事、これからもよろしくお願い致します。

 

追伸・・・のんと鈴音の事も心の片隅にでも置いてもらえたら嬉しいです。

     お知り合いになれたみなさんの事、忘れません(ノД`)・゜・。

     ありがとうございました・・・・

 

 

                    ★H28.8.12 日本土鈴館・鈴音(りのん)★

 

 

★附馬牛人形★

  • 2016.08.09 Tuesday
  • 14:36

みなさん、こんにちは(*'ω'*)

今日も暑いですねぇ〜、今年はこの暑さが10月まで続くと聞きました。

ホントか嘘かはわかりませんが、もし本当なら体力が持つか心配です。

秋頃また疲れが出て倒れるんじゃないかと・・・(◎_◎;)

88歳の館長の方が体が強いです(笑)

 

 

さて、今日はお盆を目前にして

ちょっと珍しい物をおもちゃばこにアップしました。

 

附馬牛人形ってご存知ですか?

江戸末期から明治にかけて盛んに作られていたお人形なんですが

原料が創始の頃は小麦粉に和紙を混ぜてよく練ったものを使って

いたそうで土人形のような張り子のようなちょっと変わったお人形

なんですが彩色も丁寧で色鮮やかな可愛らしい仕上がりになっております。

 

おもちゃばこにアップしたのは

こちらの2点・・・

笛吹童子です。水場にたたずむ花柄模様の馬の上に笛吹童子が乗っています。

きっとキレイなメロディーを奏でていたのでしょうね(*^-^*)

 

 

そしてもうひとつは

こちら・・・

羊乗り恵比寿さんです。微笑んだお顔が可愛いですね(´艸`*)💛

じつは前から見ると羊さんもニコッとしているんですよ!

 

 

それぞれ4枚づつお写真をアップしておきましたので是非ご覧になって下さいね

珍品で1点限りです。

 

気になる方、または、ずっとお探しされていた方、早速おもちゃばこへGO!

あっ♥っと思ったら、すぐにお電話を!!!

 

 

そして・・・金曜日には土鈴や土人形もアップ予定です。

誰のどんな作品が出るかはお楽しみ!

ただ、お盆という事もあり素敵な物がアップされることは今日の

この記事(お写真)をご覧になっておわかりかと思います\(^o^)/

 

ではまた金曜日にお会いしましょう

 

                    ★日本土鈴館・鈴音(りのん)★

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM