母と子の土人形

  • 2011.05.11 Wednesday
  • 15:22
 
昨日から雨が降り続いている奥美濃白鳥です。
昨日は警報も出ていました。

東日本大震災から2ヶ月が経ちました。
避難生活を強いられている方々にとっては長く辛い2ヶ月、そしてこれからの目途の経たない生活にも不安と憤りを感じてみえることと思います。
まだまだ余震も起こり、いろんな意味での余波もあり、あの地震から2ヶ月も経ったとは思えません。
小さなことでも、何かできることをこれからもやっていきたいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


昨日に引き続き、今日は「母子」をテーマにした土人形や張子をご紹介します。

秋田県、小坂土人形。金太郎と山姥(やまんば)。

(高さ20cm、横15cm)
山姥が金太郎の母親だったという言い伝えは恥ずかしながら初めて知りました。
恐ろしいイメージがあった山姥が一転、きれいな母親像です(^−^)

秋田県、中山土人形。義経と静御前。

(高さ20cm、横13cm)
ふところに赤ちゃんを抱いていますね。

岩手県、花巻土人形。

(高さ17cm、横9cm)
ポージングがスタイリッシュに見えます(^^)

山形県、酒田土人形。こちらも金太郎と山姥です。

(高さ17cm、横13cm)

山形県、相良土人形、新作と旧作です。

(高さ10cm、横10cm)

新潟県、水原土人形。

(高さ13cm、横6cm)

新潟県、佐渡土人形。西橋健氏の作品。

(高さ21cm、横10cm)

富山県、渡辺信秀氏の作品。「母と子」。

(高さ16cm、横7.5cm)

福島県、三春張子人形。

(高さ16cm、横14cm)

長野県、奈良井土人形。

(高さ7cm、横5cm)

静岡県、金谷土人形。

(高さ13cm、横7cm)

愛知県尾西市、起土人形。
義経の母、常盤御前です。3人の息子をかかえ平家から逃げるところでしょうか。

(高さ27cm、横18cm)

愛知県、尾北人形。

(高さ26cm、横13cm)

千葉県、下総張子人形です。

(高さ10cm、横7cm)

京都、伏見土人形。子背負い人形。

(高さ24cm、横15cm)


(高さ20cm、横13cm)


(高さ24cm、横15cm)
関係ないですが、この女性、どこかいとうあさこに似ている気がします(^^)

こちらは子抱き人形です。

(高さ13cm、横12cm)

広島県、十日市土人形。

(高さ23cm、横8cm)

熊本県、天草土人形。

(高さ25cm、横15cm)


(高さ15cm、横9cm)

鹿児島県の土人形。

(高さ27cm、横15cm)

こちらも山姥です。

(高さ15cm、横8cm)


(高さ9cm、横6cm)

こちらは郷土玩具、「こけし」の親子です。


(高さ10cm、横4cm)


(高さ9cm、横7cm)
どちらも首が揺れるつくりになっています。
もしかしたら「母子」というよりは子守をするお姉ちゃんかもしれません。


(高さ13cm、横3cm)

こちらは小さな小さなお人形です。

一番右にいる女性、赤ちゃんをおんぶしています。

(高さ2cm、横1cm)

こちらはきっと「母子」ではありませんが、あまりのかわいさに館長も私もトリコに♪
(館長は土鈴館館内のおもちゃすべてにトリコですが(^^))


こちらも弟か妹を子守するお姉ちゃんでしょうか。
高さ3cm、横2cmという超ミニ玩具ですが、細かいところまでかなり精巧につくられています。
なんと風車まで回るんです!

「母子」をテーマに3日間にわたり更新しましたが、後半はメインテーマより「子供を連れている人形」の紹介になっていってしまいました(*^−^*)
ま、それもご一興ということで。

このように日本土鈴館には土鈴のみならず、全国各地の歴史ある土人形、郷土玩具、小さな小さな人形など各自展示してあります。
ぜひお立ち寄りいただければと思います。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM