祝鯛 〜英彦山がらがら〜

  • 2011.05.24 Tuesday
  • 15:15
 
昨日から今朝にかけての雨がウソのような晴天になった奥美濃白鳥です。

先週金曜日、日本土鈴館館長が「雪だるま賞」を受賞した記事を更新いたしました。
張子の祝鯛を頂戴し、鯛の土鈴をご紹介したのは記憶に新しいところです。
が、一番重要な土鈴を見落としていました。
祝鯛の土鈴です。

(高さ15cm、横14cm)
福岡県添田町、福岡県の伝統工芸で有名な「英彦山(ひこさん)がらがら」の窯元で作られた英彦山土鈴です。
かわいらしい祝鯛鈴が、有名な「英彦山土鈴」ということで、今日は英彦山土鈴をご紹介したいと思います。

有名な土鈴は「英彦山がらがら」です。
英彦山神宮の授与鈴として江戸時代から伝わるもので、素焼きの生地に朱と青をわずかに彩色しただけの、土鈴の原点にかえったような素朴な土鈴です。

(高さ37cm(藁含む)、幅15cm)

天狗の絵がほどこされた英彦山がらがら。


(高さ15cm(藁含む)、幅6cm)



(高さ5cm強、横7cm)

こちらは筒型鳥居鈴です。


(高さ8cm、横5.5cm)

小さながらがらを束ねたもの。

(一つ直径約2cm)

一つ一つが顔のようになっています。

日吉琴さんコレクションの中にもちゃんとありました。


魔除縁起鈴、三面付。

(高さ、幅共に約3cm)

天狗、鬼、お多福です。




どれも素朴で気持ちの良い音を出します。
日本土鈴館では直径約20cmの特大がらがらも展示しております。
ぜひお越しになり実物を見ていただけたらと思います。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM