★干支展開催中★

  • 2012.12.12 Wednesday
  • 15:47
みなさん、こんにちは(^0^)/ 鈴音(りのん)です。
すっかり冬景色の郡上です。ここ白鳥でもたくさん雪が降り積もりました。
氷柱まで出来て寒々しいですが今日はお天気がいいので氷柱から
ポタポタとしずくが落ちはじめています。
太陽の光でキラキラして、とてもキレイですよ(^−^)
積もった雪の表面もキラキラしてちょっとしたゲレンデみたいです(笑)

さて、今回は来年の干支をご紹介したいと思います。
館内入って右手奥に干支の間がございます(^0^)
岐阜清流国体の相撲部屋のあと、すぐに干支部屋へと模様替えをしました。

こちら・・・
 
8畳にビッシリと飾られた蛇、蛇、蛇 (°д°;)))ちょっと怖い(笑)

でも蛇は昔から神様の化身とも言われ、また金運が上がるという何とも嬉しい
言い伝えがあり、来年はそんな蛇さんの年になるんですよぉ〜(^0^)
なので、ちょっとワクワク((^0^))しますね!

さぁ、両サイドも見てみましょう!
こちら・・・

左壁には巳年の色紙が飾ってあります。


お次は右壁・・・

ズラリと並んだ蛇の絵馬!


窓の下の壁には毎年大好評のサトウハチローさんのイラストが織り込まれた
カレンダーが! とっても可愛くて私も好きです。
こちら・・・

その年が終わると下のカレンダー部分を切って、左側のように掛軸に
なるのがいいですね(^−^)こちらの掛軸カレンダーは館内ぬくもり通りに
ズラリとかけてあるのでご来館の際、ぜひご覧になって下さい(^−^)


では、これより巳年土鈴を何点かピックアップしていくので最後まで
おつき合い下さいね!

まずは・・・

こちら平成24年度の郵便切手に選ばれました。
右側の赤い巾着にぐるりと巻きついた白蛇の土鈴は
奈良井土鈴 “中西康二” 作。
左側の緑色の蛇は門司ヶ関人形です。
どちらも作りが丁寧で色がとっても鮮やかなんですよぉ〜(^0^)


さて、お次は・・・

三河のきらら鈴です。 “松田克己” 作です。
これはリアルな蛇ですねぇ〜(☆0☆)実物は鱗の感じがよくわかります。

同じくきらら鈴で・・・

ちょっと小ぶりの可愛い蛇ちゃんです。同じ作者さんですが色着けで
ガラッと変わるものですねぇ、びっくり!


お次はsimple is best って感じの・・・

聖心房土鈴の “倉富博美” さんの作品です。
あきのこないスッキリとしたデザインもいいものですね(^−^)


お次は・・・

これまた打って変わって、存在感ありありのどっしりした土鈴ですねぇ
こちら、深大寺です。
蛇の体に描かれた梅の花と鶯が新春らしくて素敵です!


反対側には・・・

大きく {福} と書かれていてめでたい雰囲気です(^−^)


小さいものと並べてみました・・・

松竹梅でいいですね(^∇^)
心なしか白い方の蛇が笑顔に見えます・・・見えませんか?(^−^)
          『笑う門には福来る』ですよ!
     みなさんもニッコリして福を呼び込みましょう。


お次は、これまた貴重な・・・

名古屋の “野田末吉” さんの作品です。
キレイに絡み合った白蛇が仲良さげで、
福も2倍ってとこでしょうか(^∇^)笑


お次は・・・

江州物産の宝船です。
帆の所に見つめ合う2匹の白蛇がいますね(^−^)


後ろまで・・・

どっさりとお宝を積んで、あなたのもとへ・・・なんちゃって(^0^;)笑


お次は・・・

“賀多ぞう”さんの{つちのこ}です。
つちのこも立派な蛇?です(^0^;)幻の蛇なんです。


斬新な発想と、この独特な色使いとがマッチして懐かしさも感じますが
どこか新しさがあって若い人達にも人気です・・・

お花柄はもちろん素敵ですが、この底の部分にある筆文字も
作品の一つになっています。


続いては、土鈴ではありませんが・・・

習志野市の趣味家 “滝田政行、政子” 作 です。
こちら紙粘度で作ってある置物です。とても趣味とは思えないほど
お上手で可愛らしくて、わたくし鈴音(りのん)はもちろん、お客様の
目を惹く滝田コレクションの巳年人形です。

特に蛇の背中に乗っている女の子の愛らしいお顔!
アップでどーぞ・・・

ね!(≧∇≦)可愛いでしょ〜?そして、その手には・・・
日本土鈴館ならではの鈴が!! もう最高ですね(⌒∇⌒)
その他の年の干支人形もこのようにみんな鈴を持った女の子がいて
土鈴館仕様になっています。


お次も土鈴ではなく郷土玩具になりますが・・・

越後の木蛇です。明治末から昭和初期の玩具です。
尻尾を持って左右に動かすとユラユラして蛇特有の、あのニョロニョロ感が
出ておもしろいです(^−^)


お次も郷土玩具で・・・

こちらは出雲の張り子で蛇車です。
紐を引っ張るとちゃんとタイヤが回り、動く、可愛い玩具です。
出雲大社と言えば縁結びの神様!この横幅約5.5センチの
小さな車に大きな幸せを乗せて福を運んでおくれぇ(ΤоT)→切実 (笑)


さて、お次は土鈴に戻りまして・・・

江州物産の巳年土鈴です。
じつは、こちらの土鈴・・・この記事をお読みになっていらっしゃる、
   そこの、あなた! あなたにも作る事が出来るんです!


もともとは・・・

左側の色着け前の土鈴になっているので、
右側のように、ご自由に色を着けられるんです。
アクリル絵の具やマジックなど何でもOK!
世界にたったひとつだけの、あなたのオリジナル巳年土鈴を
作ってみませんか?(^∇^)
ちなみに1個350円で館内売店にて販売しております。


お次はとやま土人形工房で・・・

花柄巾着が可愛らしい白蛇土鈴です。
金色のラメが豪華でくっきりとした色合いを際立たせています(^0^)


色違いで・・・

紫もあります。こちらは松竹梅の柄になっています。
照明の加減で少し色が飛び、すいません(≧д≦;)実物は
もうちょっと深い高貴な紫色でキレイです。


こちらも同じく、とやま土人形工房で・・・

金ラメの着いた真っ赤なだるまさん・・・ん?だるまさん?・・・


肝心な蛇は?・・・と思ったら・・・

後ろからだるまさんの頭に乗ってました(^0^;)笑  可愛い〜!
これらも館内売店にて販売中です。


最後にこちらをご覧下さい・・・

“中西康二” さんの作品ですが、これは特別に館長に、と作って
頂いたオリジナル土鈴です。
米俵の上にいる白蛇にまたがる大黒様が小づちを振っていますね。
3段重ねで良い事が起こりそうな素敵な土鈴です(^−^)


まだまだ他にもたくさんあるんですがキリがないのでこの辺で(^0^;)

道路の雪もすっかり溶けて週末には気温も上がるそうなので、ぜひ
日本土鈴館へ遊びにいらして下さい!

干支は少し早目に飾ると運気をアップさせるとも言われていますので
お越しになられた際は売店にてお気に入りの子を見つけてみては
いかがでしょうか?

私?もうすでにお部屋に飾りましたよぉ(^0^)/^^^ではまた来週!

               ★日本土鈴館・鈴音(りのん)★



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM