鳴石

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 10:26

皆さま、こんにちは

今日は「鳴石」についてご紹介します。
鳴石?初めて耳にする方もいらっしゃるかと思います。

これが郡上市で産出した鳴石です。



 

 

日本土鈴館のある郡上市に那留(なる)という地区があり、そこで産出された石です。
手に取って振るとコトコトと音がします。音が鳴る石なので那留石と呼ばれます。

いわゆる鈴石とか鳴り石と呼ばれる珍しい石です。

表面はつるつるしていて見るからに硬そうな石です。

 

郡上市では那留石という名前で呼びますが

その産地によって、「イシナダンゴ」「ハッタイイシ」などとも呼ばれるそうです。

北海道名寄市で産出する石は「名寄鈴石」として天然記念物に指定されているそうです。




こちらも音のする石ですが、砂が固まってできた石だそうです。

奈良県の平群から出土した鳴石です。

表面はざらざらしていてよく見ると細かい砂がぎゅっと固まった様子が見て取れます。


 

 

この中はどんなふうになっているのでしょうか?

ちょっと気になりますよね。

石の中が見られるよう表面の一部を取り除いたものがあります。

 


 

奇妙な突起が幾つもあります。

この突起が剥がれ落ちて中でコロコロ動くわけですね。

 

 

 

鳴り石と呼ばれる音の出る石は岩石の外側が固まった後で

内部が乾いて空洞ができ石のかけらがコロコロ動くものらしいです。

地質学の専門的なことはよく分かりませんが

振ると音のする珍しい石が珍重されたことは想像に難くありません。

 

 

土鈴館には上記の写真の鳴り石などをいくつか展示して

興味のある方には実際振って音色を確かめて頂いています。

ただ、あまり強く振ると中の鈴玉の小石が砕けていくようで

一番大きくて人気の那留石は音がほとんどしなくなりました。

以前は日に何十回も毎日振られ続けたので那留石も疲れたようです。

 

今日は自然が作り出した鈴、鳴石をご紹介しました。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM