郷土玩具の犬たち

  • 2017.05.22 Monday
  • 14:07

皆さま、こんにちは

 

まだ五月というのに、真夏のように暑い日が週末から続いています。

暑さに体が慣れていないこの時期は特に熱中症にお気をつけ下さい。

館長はポカリスエットをよく飲んでいます。



今は空前のペットブームといわれ、

一緒に暮らす犬や猫はペットというより家族の一員として大切にされています。

猫派、犬派によく分けられますが、

館長が犬派ということもあり、郷土玩具の犬をご紹介します。

 

 

 

 

愛犬とのツーショットを栃木・堀米人形の山口壬三さんに土鈴にしてもらいました。

昔「名犬ラッシー」という大好きな番組があり、いつも家族揃って観ていました。

すっかりコリー犬の魅力にはまり迎えたコリー犬の名前はラック。

さすがにラッシーはちょっと遠慮しました。

結局3頭のコリー犬を飼いましたがいつも名前はラックでした。

館長の犬好きをご紹介する土鈴です。

 

 




 

犬の郷土玩具と言えば真っ先にこの犬を思い出す方も多いと思います。
別名「東犬」とも言われる代表的な江戸玩具です。

昭和33年の年賀切手のモデルにもなりました。

子供の健やかな成長を願って、麻ででんでん太鼓を結んだ犬張り子を飾りました。

これとは別に犬張り子にザルを被せた「笊被り犬」(ざるかぶりいぬ)もあり、

幼児の虫封じや鼻づまりのまじないだそうです。

笊被り犬は「竹」冠に「犬」で「笑」となる江戸の洒落も感じさせます。







奈良法華寺守り犬です。

天平の昔、仏門に深く帰依された光明皇后は法華滅罪寺を尼の国分寺と定め、

天下泰平を祈願する千日供養を行いました。

供養の灰土を固めて犬を作り人々に授けたのが始まりと言われています。

粘土に雲母を混ぜ、赤い水引の首輪、胴には五つ星や松などを描き、

安産や疱瘡除けのまじないとされます。

小さな犬は1円玉ほどの大きさです。






浜松張子です。 4代目二橋加代子さんの作品です。

ころがしと呼ばれる2つ車の張子で干支揃いの中の戌です。

浜松張子は明治維新で禄を離れた旧幕臣が反故紙を利用して作り始めました。

転がすと犬がユラユラ揺れる可愛いおもちゃです。





山形・相良人形の座り犬です。 米沢藩相良家に代々伝わる土人形です。

京都伏見人形の影響を強く受け、世襲で受け継がれています。

戦争で中絶となっていた相良人形を復興させたのがさがらたかしさんです。

相良家10代当主ですが人形師としては7代目なので

いつも「7代目さがらたかし」と揮毫されます。

7代目さがらたかしさんの代表作のひとつです。
 

 





岡山・吉備津のこまいぬです。作者は塩見八重子さんです。

立ち犬と座り犬、どれも2〜4センチ前後の小さなものです。

こまいぬは、火難、盗難、害獣よけ、

あるいは子供の夜泣き封じなどのまじないとして信じられています。
吉備の国の総鎮守吉備津神社の授与人形のこまいぬは 立ち犬、座り犬、鳥の三体セットです。

大きさはどれも2〜3僂半さな人形です。

先ほど書いたように犬は盗難、火難よけですが、

鳥は食べ物がのどに詰まらないようにとのお守りです。

 

 

 

 




新潟・水原土人形の犬です。

200年ほど前から水原の山口地区で作られる土人形で、山口土人形とも呼ばれます。

描彩にあまり原色を使わず、白色を混ぜて淡い色で仕上げるのが特徴です。

素朴で愛らしい土人形です。

 

 

 





こちらはたいへん美しい犬土鈴です。

岩手県花巻土人形・平賀章一さんの作品です。

花巻土人形は伏見人形や堤人形に倣って江戸時代に作られるようになった郷土玩具です。

ずっと伝えられてきた伝統も昭和30年代に一度中絶しました。

その伝統の技を復活させたのが平賀孫左衛門・章一父子です。

伏見や堤の流れを汲んで色彩の美しく華やかな伝統は見事に復活しました。

章一さんが亡くなられてからは奥様が後を継がれたそうです。

 

 

 

犬好きの方のみならず、猫派の方にもお気に召して頂けたら嬉しいです。


 

     日本土鈴館

コメント
こんばんは。
本日お邪魔させていただいた者です。
偶然通りがかり伺わせて
いただきましたが、
館長のコレクションの数に
ただただ驚き、
懐かしさと図鑑でしか
見たことのない郷土玩具を
間近で拝見させていただき、
心から楽しませていただきました。

あんなに広い建物に
館長のこれまでの出会いと思い出が
ところ狭しと綺麗に展示され、
手入れも行き届いているところに
館長の愛を感じました!(*´∀`)ノ

作り手や土地で違いがわかるように
わかりやすく展示されており、
非常に興味深く
拝見させていただいていたら
すっかり時間を忘れていました。
ご厚意に甘え、心地よく
長居してしまいました。笑

館長のお人柄にも
すっかり魅了されました!
岐阜が誇る冒険家です!

どうぞ、これからもその暖かな笑顔で
お元気にお過ごしください。

また伺わせていただけたら
幸いに存じます。
ありがとうございました。
土鈴、大切に飾らせていただきます。
  • まゆみ
  • 2017/05/27 10:20 PM
ちなみに私も犬派です!
ラックとのツーショット土鈴羨ましい☆
東犬可愛かったし、
種類も多かったですね!
博識ブログ、過去のも
拝見させていただきますね♪
  • まゆみ
  • 2017/05/27 10:28 PM
犬派のまゆみ様

ご来館、コメントありがとうございます。
館長がただただ好きで集めたコレクションを
展示して愛好家の皆様との交流の拠点にしたい
という思いが日本土鈴館です。

現在88歳の館長が健康に恵まれ
楽しく毎日を過ごすことができますのも
土鈴館があり、ご来館のお客様がいて
好きな土鈴や郷土玩具のお話ができるからこそと思っています。

お越しいただきありがとうございました。
また是非ご来館頂ければ大変うれしく存じます。

尚、インスタグラムで展示品のご紹介も致しております。
土鈴館が郡上市にあり、なかなか遠いとおっしゃる方のために
ひとつづつですが毎日ご紹介しています。
#日本土鈴館で検索して頂ければお分かりかと存じます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

  • 日本土鈴館
  • 2017/05/29 11:43 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM