岐阜の土鈴(2)

  • 2018.04.23 Monday
  • 11:48

皆さまこんにちは

 

気持ちのいい日が続いています。

もう直ぐゴールデンウイークですがこんな風に良いお天気になると嬉しいです。

 

連休中はメールの対応ができませんが

館長は土鈴館にいますのでお電話やFAXでご連絡ください。



さて、岐阜の土鈴2回目は日本土鈴館が企画した土鈴などをご紹介します。




 

 

 

 

花ばい土鈴です。

花ばい土鈴は天井から吊るされた花輪や

その花輪にしがみついて花を奪い合う様子を土鈴にしたものです。

 

土鈴館のある郡上市白鳥町には白山長瀧神社があります。

白山長滝神社は白山信仰の美濃の国側の中心でした。

伝承によればその創建は養老元年(717年)という大変歴史のある神社です。

 

毎年1月6日の六日祭が花奪い祭りと呼ばれ重要無形民俗文化財に指定されています。
拝殿の土間天井に吊るされた桜、菊、椿、牡丹、芥子の花輪を奪い合う奇祭です。

 

 


  

拝殿の天井に吊るされた花輪の様子です。

花ばいで手にすることができなくても、授与品として一輪授かることができます。

館長も毎年お花を持ち帰って一年間の無病息災を祈ります。

 

 

 

 


 

花ばいに先んじて「長瀧の延年」が奉納されます。

巫女が新年を寿いで延年の舞を花輪の下で奉納します。

神社の宝物にある斧の刃先に延年の文字を入れた延年土鈴も作りました。






 

もう一つ、郡上市の有名なものと言えば郡上踊りです。

郡上市八幡町の盆踊りは日本三大盆踊りのひとつです。

7月中旬から9月上旬にかけて

八幡城下町をひと夜毎に場所を変えて30日以上にわたって踊ります。

曲目は「かわさき」「春駒」「やっちく」「猫の子」など

10種類の踊りがあります。

夏の夜の風物詩が土鈴で再現されています。





 

海老天たまこさん創作の八幡城・両面土鈴です。

 

八幡城は別名「積翠城」と言われます。

郡上踊りの頃は山の緑が濃くなってお城の白壁が映え大変美しいです。

 

 

主に日本土鈴館の企画した郡上市に因んだ土鈴をご紹介しました。

ご入用の際はご連絡ください。

品切れのものもありますがいくつかはご用意できます。

 

日本土鈴館

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM