京都の土鈴・5

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 12:50

皆さまこんにちは

 

豪雨から一転、灼熱という表現がぴったりの日本列島です。

日本中が燃えるような暑さと闘っています。

復興復旧の被災地域の皆様

ボランティアで汗を流す皆様

被災地域を憂慮しつつ各々の日々の暮らしを全うする皆様

時々休んで頑張りましょう。

繰り返されていることですが

水分・塩分・休養・冷房を上手に取り入れて熱中症対策をしましょう。

 

 

 

 

ひときわ暑い夏で知られる京都も祇園祭の真っ最中です。
そんな京都の土鈴のご紹介も五回目・最後となりました。
では、東哉さんの十二支土鈴です。


 

十二支揃いです。
じっくり見ないと十二支揃いと気がつきません。

ひとつひとつの意匠が凝っていて、丁寧な作りや上品な彩色に感心します。

手に平にコロンと乗るほどの小さな土鈴ですが味わい深い作品ばかりです。




続いては大山人形・大山保秀さんの作品です。

  

  

 

色彩も美しく絵画のように美しいです。

京都の有名な神社仏閣は土鈴から浮き出るように作られて

見事というよう他にありません。



 

こちらは迷企羅土鈴です。

迷企羅大将は薬師如来の守護神である十二神将のひとりです。

筋骨たくましく髪を逆立てて怒りの表情をみせる姿が迫ってきます。

金色一色で作られた土鈴です。

 

このような素晴らしい大山さんの土鈴は廃絶となっていて残念な限りです。

 

 

 

 

最後は個性的な作品をご紹介します。

  


  

 

竜美画廊・松浦茂さんの作品です。

本来は洋画家である松浦さんが作る土鈴は個性的です。

作品は堂々として力強いです。





 

この見事な天狗土鈴は代表的な松浦さんの土鈴です。

ギャラリー竜美画廊にも絵画のほか
たくさんのユニークな土鈴が展示してあるそうです。

 



五回にわたって京都の土鈴をご紹介しましたが、

まだまだたくさんの素晴らしい京都の土鈴があります。

御来館いただいて実際にご覧になり振って音色をお楽しみください。


日本土鈴館

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM