島根の土鈴

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 11:03

皆さまこんにちは

 

台風21号が四国、関西をはじめ日本のいたるところで猛威を振るい

各地に深刻な被害が発生しているようです。

不幸にしてお亡くなりになった方、お怪我をされた方

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

郡上市でも倒木による道路の封鎖や家屋への被害、停電など

何十年かぶりの強い台風の脅威にさらされました。

 

けさ、日本土鈴館の緑の看板が半分外れているのを見つけました。

大きな看板ですから吹き飛ばされず支柱にとどまってくれてよかったと

館長と一緒に胸をなでおろしたところです。
 

 

 


さて、今日は島根の土鈴をご紹介します。




多聞鈴とか楽器鈴とか呼ばれます。瑞穂楽器博物館の作品です。

不思議な形のこの土鈴は、サイズの違う小さな丸い鈴が枝のような土台に付けられています。

振るとひとつひとつの鈴の音が響き合って、

神社で巫女さんが振って下さる神楽鈴のような音色がします。

たくさんの音色を一度に聞けるから多聞鈴。楽器のように振る楽器鈴。

写真ではなく動画でご紹介できればと思う鈴です。

 

 

 


 

島根と言えば安来節。

アラエッサッサ〜♪に合わせて踊る滑稽などじょうすくいが有名ですね。

元禄の頃、安来地方で歌われた素朴な安来節に

だんだん諸国の民謡が混じって今の安来節になったそうです。

一方酒席での余興からどじょうすくいの踊りが始まり、

安来節とどじょうすくいはセットになって愛されています。

どれも滑稽なドジョウすくいのお土産土鈴です。

 

 

 

 



 

こちらは津和野土鈴・鷺舞鈴です。

弥栄神社の例祭に奉納される鷺舞を表しています。

鷺舞神事は元々京都から伝わった神事で、

以来400年、途絶えることなく津和野に伝承されています。

実際に使われる装束の真っ白な羽は桧でできているそうです。

鷺舞の様子もあわせてご紹介すると土鈴の良さがご理解いただけますね。

 

 


 

今日は島根の土鈴をご紹介しました。

 

日本土鈴館

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM