香川の土鈴

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 09:20

皆さまこんにちは

 

やっとの思いで台風24号をしのいだかと思う間もなく

もう南の海上には台風25号が発生して日本にやってくる心配もあるそうです。

今年は豪雨、地震、台風と自然の脅威にさらされ続けています。

10月は穏やかな秋の日和を満喫できるでしょうか。


さて、今日から四国に渡ります。最初は香川の土鈴をご紹介します。
比較的土鈴の少ない四国四県にあって

香川・大崎文仙堂の作品は大変面白みがあり、またたくさんの種類があります。

大崎文仙堂を名乗った大崎豊五郎さんは郷土玩具の研究家でもありました。

讃岐地方の廃絶となった郷土玩具の復元に尽力され、

金毘羅でこや嫁入人形などが再現されました。

今日は土鈴に絞って見てみましょう。

 

 





ねずみ横綱土鈴(立ち姿の横綱は土人形)です。

蹲踞の丸い姿の横綱が土鈴になっています。

四国にはあまり土鈴作者がいらっしゃらない中・大崎さんはたくさんの土鈴を作られました。
 

 

 




大崎豊五郎さんの代表的な土鈴である牛土鈴です。

どの牛も笑ったようなお顔になっています。

大崎さんの土人形や土鈴は仕上げのにかわが少しきつめの為か、

時が経つと表面に剥がれが出ることがままあるそうです。

右の土鈴はよく見ると剥がれが分かりますね。






裃シリーズ、裃姿の十二支土鈴です。

みな右手に扇子を持っているので謡の姿でしょうか。

ヘビは膠がきつかったのか、剥がれがでています。

うさぎの大きな耳が可愛いです。







こちらも大崎豊五郎さんの代表作・猿土鈴です。

背の高い立ち猿は土人形です。

手にしている桃は猿に付き物の縁起ものです。

桃は不老長寿のシンボルで邪気を祓う魔力があると古くから信じられている果物です。

猿も神様の御使いとして信仰の対象になっています。

「魔が去る」の意味合いから御幣を持ったり桃を抱いた猿はおめでたい縁起物です。



香川には大師窯土鈴という鈴もあるそうですが、

残念ながら日本土鈴館にはありませんでした。


今日は大崎文仙堂・大崎豊五郎さんの土鈴をご紹介しました。


日本土鈴館

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM