愛媛の土鈴

  • 2018.10.29 Monday
  • 09:50

皆さまこんにちは

今日は愛媛の土鈴をご紹介しようと思います。

新居浜の荘山陶房・村上荘山さんの作品です。









村上荘山さんの代表作・埴輪土鈴です。

土鈴の本には村上さんのご本業がはにわ作家と解説されています。

はにわ作家という職業があることを初めて知りました。

古代人が祈りの儀式に使った埴輪の土鈴を70種も制作されました。

 

 





村上荘山さんの木魚土鈴です。

読経の時リズムよく打ち鳴らす木製の仏具ですが、ちょっと不気味な顔に見えたりもします。

魚を模してあるそうで、目を開けて眠る魚の習性から

魚は眠らないと信じられていたことに由来するそうで、

やはり読経と眠気は誰もが闘う運命だったようです。

ポクポクポクという響きで眠気を覚ますとのことですが、余計に眠くなる気もします。

荘山さんはなぜ木魚土鈴をたくさん作られたのでしょうか。







 

次は宇和島の牛鬼土鈴です。

宇和島のお祭りには欠かせない牛鬼は、頭が鬼、首が細長く胴体は牛の妖怪です。

お祭りでは5メートルを越す大きな牛鬼の山車が町々を練り歩くそうです。

3日間に渡り色とりどりの牛鬼の山車は何体も繰り出され迫力満点のお祭りだそうです。

 

 

 

 



 

鯛土鈴と鯨土鈴です。

海辺によくあるお魚の土鈴もあります。
 

 

 

 



 

 

荘山さんとご懇意にしていただいたご縁で

日本土鈴館のオリジナル土鈴もたくさん作っていただきました。

白山長滝神社の土鈴です。

左が花奪い祭りを再現した土鈴です。

右は花奪いに先んじて奉納される「長瀧の延年」にまつわる神社の宝物土鈴です。

 

 

 

残念なことに後継者のいなかった荘山陶房は一代限りで廃絶となっています。

今日は荘山陶房・村上荘山さんの作品をご紹介しました。

 

日本土鈴館
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM