宮崎の土鈴・佐土原人形

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 13:37

皆さまこんにちは


今日は宮崎の土鈴をご紹介します。

宮崎と言えば佐土原人形・小玉清勝さんです。




宮崎を代表する佐土原人形の創始は江戸時代にさかのぼります。

旧佐土原藩の瓦職人が当時流行っていた歌舞伎人形を作ったのが始まりと言われています。

干支土鈴や雛土鈴などたくさんの種類があり、どれも素朴で温かみのあるお人形です。

 

 

 

 





佐土原人形・小玉清勝さんの犬土鈴を集めてみました。

京都の伏見人形の型に倣って創り出された宮崎を代表する郷土玩具です。

どの子も愛くるしくてとても可愛いです。

 

 

 





鵜戸神宮の授与鈴・御神馬鈴です。作者は佐土原人形・小玉清勝さんです。

日南市にある鵜戸神宮は日向灘に面した断崖の中腹にある岩窟(海食洞)に

極彩色の本殿が鎮座するという珍しい神社だそうです。

8センチ程の小さな可愛い鈴で、色合いやお馬の優しいお顔が小玉さんの作品らしいです。

 

 



 

青島神社の授与鈴・雛土鈴です。こちらも作者は佐土原人形・小玉清勝さんです。

青島神社は周囲1.5キロの青島全域を境内とする神社で島の中央に鎮座しています。

山幸彦と海幸彦の神話に因む神様が祀られ縁結びや安産の神様として信仰されています。

6センチ程のドーム型の鈴に男雛と女雛が並んでいます。優しく愛らしい授与鈴です。
 

 

 




 


 

 

干支土鈴からいくつか上げてみました。

温かみのある形や色使いに心が和みます。

 

 

今日は佐土原人形・児玉清勝さんの作品をご紹介しました。

 

日本土鈴館

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM