新潟・水原(山口)人形

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 12:00

皆さまこんにちは


新潟県水原町山口に伝わる土人形・水原人形のご紹介です。

山口人形と呼ぶことが多いようですが、

日本土鈴館ではずっと水原人形と呼んでいますので今日も水原人形と表記します。



およそ150年の伝統を誇る水原人形ですが

なんといっても有名なのは6代目今井徳四郎さんです。

100歳を過ぎても生涯現役を貫き制作活動を続けられました。





おもちゃ箱にも載せたこの徳四郎翁の福助さんを契機に

新潟在住の水原人形の蒐集家さんとご縁を結ばせていただきました。

水原人形の魅力に取り憑かれたと仰り送って下さった写真を見て、

その素晴らしいコレクションに館長もたいそう驚いていました。

 



土鈴館に残っている水原人形はさほど多くはありませんが、

久しぶりに展示ケースから出して写真を撮りましたので御紹介します。



 

徳四郎翁の座り犬です。

水原の彩色の基本である白・黒・朱・青が基調になっています。







 

馬乗り鎮台です。鎮台とは明治期の陸軍兵士、兵隊さんです。

明治の風俗人形には馬乗り鎮台がよく登場します。

立派な髭をたくわえて厳つい鎮台さんが多い中この徳四郎翁の鎮台さんは温かみがあります。

馬の表情もユーモラスでこれが水原人形の特徴なんでしょうね。







 

 

小さな福良雀と玉乗り馬です。

福良雀は正面からも愛らしい姿なのですが背中からの方が彩色の様子がよくわかります。

4色の基本色のほかにスズメなので茶色が入っています。

玉乗り馬はサーカスのようです。

どうして馬が玉乗りをするのか、そもそも乗れるのか?

でも理屈を超えた可愛らしさがあります。






 

 

鯛担ぎと猿回しです。

素朴な中に温かみのある水原人形の魅力がよく伝わります。

 

 

 

 

水原人形を見ながら館長が思い出話をしてくれました。

30年ほど前、まだ若かった館長は牧野玩太郎会長や袴田玩九郎氏、高橋三郎氏など

錚々たるコレクターに同行して竹とんぼの会(日本郷土玩具の会)の旅行に参加しました。

新潟を訪れた折、水原町山口の今井さんの工房を訪ねたそうです。

 

その時徳四郎翁に日本土鈴館を説明したところ、

「それは日本一の土鈴の博物館か?」と聞かれ「そうです」と答えると

「日本一なら日本一の三角だるまを飾ったらどうだ」と勧められ

これはすごいと分けてもらったのがこの巨大三角だるまです。

 

 

 

大きすぎて、重すぎて、ちゃんと写真に納まっていません。

一番大きな赤は1メートル近い高さです。

おもりの部分は特別にコンクリートで作られています。

この時館長はこの巨大三角だるまを手に入れて大満足で帰ったそうです。

 

 

 

旅行に参加されたほかの会員さんはたくさんの土人形を購入されていたようです。

その後、時が流れ名だたるコレクターさんが亡くなられると

そのコレクションはご縁あって土鈴館にやってきました。

 

 

 

 

 


 

こちらには盒橋胸囲坤灰譽ションシールが付いています。

状態も良好で古い作品ですが大切にされてきたことがよくわかります。

 

 

 





 

 

徳四郎翁は天神様もたくさん作られたようです。

その表情はおおらかで柔和で温かくて…

水原人形の魅力が詰まった天神様です。

 

これらの天神様と共に福助さんなどを新潟の水原人形蒐集家さんのもとにお届けしました。

ある意味お里帰りのようです。

館長が引き継いだ大切なお人形は

これからも若いコレクターさんによって大切に守られていくと思います。

 

 

 

日本土鈴館


 

 

コメント
昨日、長崎県平戸市の物産館に行ったのですが、そこで昭和30〜40年代の土鈴が数百個山積みして売られていました。1個300円〜500円くらい。手にとってみると、なんとなくなつかしく味のある風貌。振るとあたたかみのある鈴の音がなんともいえず、500円のをひとつ買ってきました。ここに掲載されている軍人さんの乗った愛嬌ある馬の土鈴によく似ています。軍人さんは乗っていませんが。見ていると土鈴の魅力にとりつかれそうです。
  • まくらのすけ
  • 2019/03/10 10:21 PM
まくらのすけ様
コメントいただきまして有り難うございます。
土鈴収集は広く一般的な趣味ではないかもしれませんが古くから根強い人気があり、コアな愛好家さんも多くいらっしゃいます。普段の生活で目に留まらなくても色々なところにさりげなく飾られたりしています。土鈴を好きになってくださってありがとうございます。
  • 日本土鈴館
  • 2019/03/14 12:45 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM