二福神

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 11:29

皆さまこんにちは

 

八月最終週となり、

あんなに暑かった夏の日々を忘れるほど朝晩はひんやりしてきました。

朝から虫の音が響いています。

 

 

この頃七福神の記事が多いですが今日もお付き合いください。
恵比寿天と大黒天の二柱を二福神としてお祀りすることが多いですね。
なぜ二福神としてお祀りするのか、調べてみました。




 

愛知・名古屋土人形の恵比寿大黒です。

野田さんの作品にしてはちょっと大きく高さが17僂曚匹虜酩覆任后

 

以前恵比寿天は蛭子命に由来するとご紹介しました。

実は恵比寿様のルーツにはもう一つの説があるそうです。

恵比寿様は事代主神(コトシロヌシ)という国津神の一人だという説です。

国津神は日本の国造をされた神様です。

この事代主神は日本で最初に釣りをした神様だそうです。

 

蛭子命と思っていましたがこの説にも説得力があります。

釣りをするお姿は恵比寿様のイメージにぴったりです。





 

名古屋土人形・野田末吉さんの二福神未年土鈴です。

それぞれが独立した土鈴になっていて差し込んであります。

 

恵比寿天と大黒天のお話に戻ります。

驚いたことに事代主神は大国主命の子供だそうです。

大国主命に由来する大黒天と事代主神に由来する恵比寿天は親子ということになります。

何も知らなかった私はびっくりしました!






 

岡山・久米人形の二福神です。

海の幸をもたらす恵比寿様と山の幸をもたらす大黒天は

四方を海で囲まれた島国で農耕民族の日本には大切な神様です。

漁業と農業が安泰なら日本中が幸せになります。

 

 

 



 

秋田・小坂人形の二福神です。

大黒様の手にある小槌は槌=土の意味もあって

一振りするごとに宝を授けてくださるといわれます。

海の幸と山の幸という福をペアで授けてくださるのが二福神です。





 

渡辺石芳さんのやや大型の恵比寿大黒土鈴です。

 

二福神をお祀りする場所には決まりごとがあるようですが

郷土玩具の場合はいつも目に触れて心和むところがいいと思います。

心が和むとこ事態、もう二福神に福を授けて頂いているということです。




 

山口呈三さんの二福神土鈴です。

仲良く釣りに興じる楽しげなお姿そのものが福の神です。

 

 

今日は恵比寿天と大黒天が親子かも!というお話をご紹介しました。

 

日本土鈴館

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM