弁財天

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 13:18

皆さまこんにちは

 

台風17号が日本海を進んで昨日は蒸し暑かった郡上市ですが

今日はすっかり秋の空気に包まれています。

日本土鈴館が毎年作って新年のご挨拶に使っているカレンダー。

郷土玩具好きの方が古くなった年の物をちゃんちゃんこに仕立てて

館長にプレゼントしてくださいました。




 

 

如何ですか。館長のお気に入りです。

今日のように少しひんやりした日には暖かくて快適だそうです。

大黒様も館長も満面の笑みで福招きです。




さて、今日は七福神の紅一点・弁財天をご紹介します。




 

 

愛知・富田土鈴(起土人形)中島一夫さんの作品です。

左の牛乗り弁財天土鈴は丑年の縁起物です。

手に取ってみると真珠色の牛の白色に鮮やかな弁財天の衣装がよく映えます。

右の立ち弁財天土鈴は七福神揃いの中の1点です。

 

 

 

 

 

愛知・乙川土人形 杉浦定吉さんの弁財天土鈴です。

こちらも七福神揃いの中の1点です。

日本に絶世の美女として伝えられた弁財天の持ち物は琵琶です。

琵琶を奏でる姿から音楽・芸能・言葉の神様として信仰されています。

 

 



 

滋賀県小幡土人形・細居文蔵さんの弁財天です。

弁財天の名前からもわかるように金運の神様でもあります。

また七福神紅一点の女神さまということで

恋愛成就、縁結び、学徳成就とそのご利益はたくさんあります。




 


 

 

日吉琴コレクションコーナーに展示してある戦前の弁財天土鈴です。

どちらも七福神の中から選びました。

5センチ前後の小さな作品で上品な色合いです。

 

弁財天はもともとはインドの川の神様だそうです。

日本に伝えられその姿の美しさから恋愛や音楽など

女神さまにふさわしいご利益があると信仰されています。







 

滋賀・万兵さんの弁財天です。

どっしり重く作品全体に古作風の趣を出した作品です。

お顔立ちも愛嬌があっておたふくさんのようで親しみがわきます。

 

 

今日は弁財天のご紹介でした。

日本土鈴館
 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM