福禄寿

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 11:04

皆さまこんにちは

今日はすっきりとした秋晴れでちょっと肌寒く感じます。

しかし今週末は台風19号が日本を直撃しそうです。

台風15号の被害もまだまだ復旧していない中、本当に心配です。

まして15号より大型で強い台風とのこと。

台風は避けられませんが、備えは今からでも間に合いますね。

被害が大きくならないことを祈るばかりです。




さて、今日は福禄寿のご紹介です。


福岡・博多土鈴 井上博秀さんの福禄寿土鈴です。

頭の形がデフォルメされていて「ザ・福禄寿」といった感じです。

一度見たら忘れられない特徴的なお顔の神様

この頭の長〜い神様が福禄寿です。






 

日吉琴コレクションの中にある福禄寿土鈴です。

二福神の乗った宝船土鈴と共に作られた小さな戦前土鈴です。






愛知・富田土鈴(起土人形)中島一夫さんの福禄寿です。

福禄寿は元々は中国の三大宗教の一つ、道教の神様だそうです。

(三大宗教…儒教・仏教・道教)






滋賀・小幡土人形 細居文蔵さんの福禄寿です。

道教は古代の民間信仰から生まれ不老長寿を願って修行を重ねて

不老不死の仙人になることを究極の理想とする宗教だそうです。

道教において南極老人星の生まれ変わりとされるのが福禄寿です。

福禄寿はお星さまなんですね。





愛知・犬山土人形の福禄寿です。

福禄寿がお星さまだという逸話をご紹介します。

中国・宗の時代のお話に登場する背の低い頭と髭の長い老人は大層な大酒飲みでした。

しかしどんなに飲んでも酔いません。

噂を聞いた仁宗皇帝は100升の酒を用意して老人に振る舞ったところ、

老人は70升を飲んだ頃平然と宮殿から立ち去りました。

翌日星を見る役所の長が、

その老人は寿座の近くに行ったまま忽然と見えなくなったと報告すると、

仁宗皇帝はあの老人が寿座の化身だったと確信したそうです。

寿座は福座、禄座とともに三星と呼ばれ信仰の対象だったそうです。

こちらも犬山土人形の古い作品です。

巻物を広げて見せてくれている珍しいお姿です。

巻物には松竹梅と宝珠の絵が描かれています。

福禄寿の福は子宝に恵まれる幸福の福、禄は高い身分や財産を意味する禄

寿は長寿そのもの、すなわち幸せに豊かに長生きをするという神様です。






長野・中野土人形 立ケ花の福禄寿です。

つやつやとして美しいお人形です。

福禄寿が日本に伝わったのは室町時代の頃のようです。

長い頭と長い白髭の仙人のような姿は水墨画の画題に好まれたそうです。

描かれる姿は宝珠や巻物を括り付けた杖を持っていることが多いそうです。

今日は福禄寿のご紹介でした。

日本土鈴館

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM