マスマス土鈴を楽しみマスの会・2

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 13:42

皆さまこんにちは

 

先週に引き続き、マスマス土鈴を楽しみマスの会のご紹介です。

今日も懐かしいテレビの思い出と共に趣味土鈴をご覧ください。



 






 

西川政典さんのテレビの思い出は東京オリンピック(海老天たまこさん作成)です。

今東京2020に向けてチケットの販売も始まり

オリンピックの準備が急ピッチで進められています。

この土鈴は1964年10月10日に開催された第18回東京オリンピックです。

赤いジャケットに白のスラックス、日の丸カラーに身を包んだ選手団の入場は

日本中の人々がワクワクと待ち焦がれた瞬間でした。

土鈴の裏側には抜けるような青空に五輪を見事に描いたブルーインパルスの姿もあります。

枡には当時の記念切手も添えられています。






 

林幸夫さんの思い出は俺たちひょうきん族(富士山笑呼さん作成)です。

1981年の漫才ブームの中圧倒的な人気を博したバラエティ番組です。

タケちゃんマンとブラックデビル

アミダババアの唄「あみだくじ…♪」

ビートたけしと明石家さんまのタッグによってお化け番組となりました。

枡の中であみだくじが楽しめマスね!



 

 



 

一転、緊迫の報道番組です。

吉田満さんの思い出は浅間山荘事件(海老天たまこさん作成)です。

1972年2月、連合赤軍が人質を取って浅間山荘に立てこもった事件です。

雪の中、警察と立てこもり犯連合赤軍との膠着状態は9日間も続きました。

人質の救出を最優先に決断した警察の判断により

2月28日、クレーン車から吊り下げられた1トンの鉄球が

山荘の壁に何度も何度も打ち付けられる様子が10時間以上にわたって中継されました。

これは報道中継史上最長であり、視聴率も89.7%だったそうです。

人質も無事救出され、犯人も全員逮捕されました。

事件を伝える新聞が枡の中に収められています。








 

最後のご紹介、吉田葉子さんの思い出は牡丹灯籠(フジワラヨウコさん作成)です。

昔、夏休みには怪談話のテレビ番組がたくさんあったように記憶しています。

その怖さはデジタル化された現在の怪談ものと違い、

特殊メイク、衣装、音楽、情景、演出などすべての方法で見ている人を怖がらせました。

私も、四谷怪談がすごく怖いのに怖いもの見たさで何度も見て震えていました。

吉田さんも怖くて布団をかぶりながらお姉さんと牡丹灯籠を見た

夏休みの一日が懐かしく思い出されるそうです。

 

 

 

マスマス土鈴を楽しみマスの会の趣味土鈴を2回に分けてご紹介しました。

枡の中には懐かしい思い出がいっぱい詰まっていました。

 

日本土鈴館

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

お宝収蔵品販売はこちら

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM