古型博多人形・1

  • 2020.06.05 Friday
  • 11:02

皆さまこんにちは

 

 

以前福岡の土鈴紹介でも取り上げたのですが

改めて古型博多人形師・中ノ子勝美さんの土鈴をご紹介します。

 

 

今日は館長の干支・辰土鈴と巳土鈴をご紹介します。

まずは辰土鈴から…

 

 

  

 

眼光鋭い辰土鈴です。

辰、すなわち龍は神話・伝説上の生き物です。

中国では神獣、霊獣として特別な霊力を持つとされ皇帝のシンボルとされました。

朝鮮王朝でも王は龍の紋章が胸に大きく付けられた龍袍を着用しました。

 

 

 

 

 

 

 

同じ型から作られた2種類の辰土鈴です。

彩色によって趣が変わって、並べて比べると楽しいです。

 

日本にも大陸から龍が伝わりましたが、元々信仰されていた蛇神様と融合して

大蛇と龍が混同することもしばしばあったように思われます。

多くを受け入れながら元々の日本の文化に溶け込ませ

日本独自の文化に育てていくという日本文化ではよく見られる現象のようです。

 

 

 

 

 

 

 

白・朱・金色に彩色された辰土鈴です。

龍は全身を81枚の鱗でおおわれているそうです。

そしてったった1枚、喉元には逆鱗と呼ばれるさかさまに生えた鱗があり

龍は逆鱗に触られることをとても嫌って激怒するとか。

普段は人に危害を加えない龍も逆鱗に触れられた時は相手を殺してしまうそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルに彩色された辰土鈴です。

宝珠を抱え五色の雲を巻き起こしています。

中国では龍の啼き声は雷雲を呼び嵐を起こすとされ

また自身も竜巻となって自在に天空を駆けめぐると信じられています。

人々が恐れる自然現象を霊獣の龍と結び付けていました。

 

十二支の中でも辰年は人気があります。

家族の中で辰年が三人いると家系が繁栄するという人もいるそうです。

 

 

 

 

 

さて、次は巳土鈴を見てみましょう。

 

 

白・ピンク・銀色に彩色されてとてもきれいです。

 

実際に蛇を見かけることは少なくなりましたが子供の頃は珍しくありませんでした。

ふいに遭遇すると怖くて息をのんでしまいました。蛇は苦手です。

でも、私のように、蛇は苦手でも巳年は歓迎!という方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

琵琶に巻き付いた白蛇の土鈴です。

この白蛇、綺麗なお顔ですね。弁天様の化身でしょうか。

琵琶を奏でる弁財天は金運の神様として広く信仰されています。

 

 

 

 

 

  

 

今日は辰土鈴と巳土鈴をご紹介しました。

(因みに館長夫妻は辰年と巳年の仲良しさんです)

 

日本土鈴館

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    お宝収蔵品販売はこちら

    にほんブログ村

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM